ヒューマンビートボックスで呼吸をマスターしたら、 宇宙の真理が掴めて健康にもなった話

呼吸

こんにちは、
ヒューマンビートボクサーで、
datum houseのライター村澤です。

私はヒューマンビートボックスという
音楽を始めて15年になります。

ヒューマンビートボックスの特徴は、
『呼吸』を扱うことです。

この『呼吸』は、
生きていくうえで必要不可欠なものです。

寝ている間も無意識的に行われ、
浅くしたり、深くしたり、息を止めたりと、
自ら意識的にコントロールすることも
出来るものです。

また『呼吸』が、
脳や血圧、免疫など、体調に影響を与え、

ストレスや感情など、
情緒や精神面に大きな影響を与えることから
『呼吸』と『健康』はつながっていることがわかります。

私はヒューマンビートボックスで
『呼吸』の回数が人より多いからなのか、
いまだかつて大病を患ったことがありません。

また、前回の記事で紹介した
『振動』の影響もあり

私も生徒さんも、
いつも陽気な心持ちで、
心身ともに健康に過ごしています。

不思議ですよね。
なぜこんなにも『呼吸と健康』が
密接に関わってくるのか。

でも、その秘密に気付きました。

古神道の「祓い」や「鎮魂」や「中今」こそが、
『呼吸と健康』をつなげる鍵だったのです。

今回は、私の体験談を交えて、
自由に現実を創造しながら、
心身ともに健康に過ごすヒントをお伝えします。

宇宙の『呼吸』を感じる

Universal milky way galaxy-3

データムグループでは、
これまで様々な
和の叡智の実践講座を
おこなってきました。

その中でお伝えしてきたことは、
宇宙のありとあらゆる存在が

【創造、維持、帰趨】を繰り返している

ということです。

物質も、生命体も
目に見えないエネルギーも

すべての存在が
このサイクルを繰り返し、

我々の住む
物質宇宙を成り立たせています。

このサイクルを知ると
「死んだら終わり」ではないことが
容易にわかりますね。

とはいっても
人間として授かった大切な生命、

誰でも幸せに満ちた人生を
送りたいと願うものです。

では自分にとっての
最適な人生を手に入れるために
なにが必要でしょうか。

それが、
【中今】に戻ることです。

これまで
和の成功法則をはじめ、

数々の和の叡智の実践講座に
ご参加いただいた方には
すでに耳にタコができているかもしれませんが(笑)、

時間が生まれる元の世界
【中今】に戻ることが

自由自在に現実を創造する第一歩
ということは
周知の事実かと思います。

そして【中今】に戻るためのツール
祓いや、鎮魂作法があります。

祓いと鎮魂には、
【中今】を掴むための「鍵」とも呼べるような
大切な要素が共通して含まれています。

それが『呼吸』です。

祓いでは
『呼吸』に息継ぎのタイミングがあり、

鎮魂は
『呼吸』を整えることから、
宇宙と一体化するプロセスを始めます。

この『呼吸』が祓いや鎮魂だけでなく、
我々人間や生命、宇宙にとって
どれほど大切なものか。

また現実創造に
どれほど影響があるか。

身近すぎてついつい
忘れがちになってしまいますが、

『呼吸』の大切さについて
今一度、考えてみましょう。

呼吸とはエネルギーの巡り

field of grass and perfect sky-2

我々人間は『呼吸』が出来ないと
死んでしまいます。

そしてまた、
人間や動物だけでなく
水中で生きる魚、虫、微生物、
植物や物質でさえも、
『呼吸』をして存在しています。

そう言うと、

「物が呼吸をしているわけがないだろう」

なんて意見も聞こえてきそうです。

もちろん物質が人間のような『呼吸』を
しているわけではありませんし、

死んだ生物が、生きている生命体と
同じ『呼吸』をしているわけがありません。

しかし、
宇宙のすべての森羅万象は、
メビウスの輪のような形状の
エネルギーの巡りがあります。

そういった意味では
そのエネルギーの巡りのことを、
物質や全ての存在にとっての『呼吸』と
捉えることが出来ます。

生きているもの、
粒子や原子、
そして亡骸さえも、

形あるものから
目に見えないエネルギーまで
全ての森羅万象が

メビウス状のエネルギーの巡りを持って
この世界に存在しているわけです。

【創造、維持、帰趨】のサイクル
ありとあらゆる存在に
当てはまりますから

吸って、吐いて
吸って、吐いて

という『呼吸』のリズムは

瞬間に、ブラックホールに帰趨し
瞬間に、ホワイトホールから創造される。

という
【中今】における断片的な世界が

時間のある世界では
『呼吸』に表されるわけです。

つまり、宇宙全体が『呼吸』をしながら
存在していると言えます。

長生きの秘訣は長息(ながいき)にあり?

long boat on island in Thailand

ある日、
「人と自分との違い」に
気付かされる出来事が起きました。

私は普段、
ヒューマンビートボックスという
『呼吸』をメインに扱う音楽をしています。 

ライブパフォーマンスと
インストラクターもしていますから

日常的に「息の出し入れ」を
人より多くしていると思います。

その日は、
筋肉のコアの部分(深層筋)まで
伸ばしてもらえる

「コア・ストレッチ」の
施術を受けていました。

その際に、息をフゥ〜〜〜っと
吐きながら筋肉を伸ばしていくのですが

通常の方は
たいてい5秒ほどで
息を吐き切るそうです。

それが私の場合は
15秒ほどかかって
息を吐き切っていたので

通常の方より時間がかかるため、
セット数を半分にされてしまいました(笑)。

この時、私の肺活量が普通よりも
倍ほど多いことがわかったのです。

フルートや笛、管楽器などの
演奏をされる方も、
同じように肺活量が多いですよね。

以前、会員サイト
「Maforama(まほらま)」で

息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
こと神功皇后が、
長寿の象徴であることをご紹介しました。

一万六千年以上前に発祥したとされる
世界最古級の日本国。

そんな日本の和の叡智が
最古の時代から現在まで脈々と
受け継がれてきた歴史のように、

長く持続されていることを
「息が長い」という表現をします。

また、「長息」は「長生き」
と読むように

息が長い人 =  呼吸が深い人は
長寿に繋がっていると言えます。

単純に呼吸が浅い方と
呼吸が深い方では、

緊張、筋肉の凝り、血液循環、血圧、便秘、

骨の歪み、ストレス、脳、自律神経、睡眠、、、

などなど、あらゆる面において
体調や精神におよぼす影響が
まったく変わってきます。

私自身が長寿かどうかは
現時点ではわかりませんが、

中学の頃からビートボックスを始めて
これまで風邪や軽い怪我などはあっても

大病を患ったこと、
入院したことは一度もありません。

もちろん偶然かもしれませんが、
肺が人より強かったことと
病気をしてこなかったことは、
まぎれもない事実です。

息に意氣を乗せる

Girl holding a paper airplane and dreaming aboyt flying

七澤賢治先生の講話選集には
こう綴られています。

「突く息と引く息というものを、
祓詞として与えられたこと、息として与えられたことが、
一番大事な部分、神から与えられた、ひとつの天恵と言えます。」

「肺を強化するということになると、
ぎりぎりまで、命が延びることにつながるんですね。」

「肺を強化するには、お祓いが最高の方法だった。」

「祓いをあげていくということが長寿法として、
いちばん効果的な方法でもあるといえる。」

 

七澤先生の言葉を読むだけで、
「息の長さ」と健康や長寿が
深く関わっていることが一目瞭然ですね。

「息」は「意氣」と読めるように、
意識して呼吸をコントロールすることも出来れば、
無意識でも自動的に働いてくれます。

普段の「息」に
どんな「意氣」を乗せるか。

その意氣(息)使いによって、
宇宙と一体となり現実創造をする感覚に
大きな差異が出てきます。

「毎日お祓いをしているけれど、
祓われている気がしない。」

「鎮魂されているのかわからない。」

そんな方は是非、
普段の呼吸に
祓いたいビジョンや、イメージをのせて
フ〜〜っと吐き出してみてください。

  • 人に言われた言葉
  • 嫌なことをされた思い出
  • 家族や友人に対する悩みや心配事
  • 思い通りに行かないもどかしさ
  • 未来に対する不安

また反対に、

  • 過去の栄光
  • 楽しかった記憶
  • ニヤニヤしてしまう思い出
  • 恋人との幸せな日々
  • 昔は良かったな、という執着

などなど、、、
良いことも悪いこともすべて

思い浮かんだ瞬間に
そのビジョンやイメージを
呼吸に乗せて吐き出してみましょう。

そして、

吐き出された思念や存念は
空間に無数に存在する
ブラックホールに入り、消えます。

祓いや鎮魂も
作法や形式に囚われすぎると、

口祝詞になってしまったり
意識が散漫になってしまったりと

【中今】に戻らなければいけないという思いが、
かえって足枷となってしまいます。

普段の日常生活から
祓う意志を持つ。
鎮魂する意志を持つ。

その「意氣」を「息」に乗せたら、
「祓われた」という言霊、
「鎮魂された」という言霊を大切にする。

それだけで
普段の生活のありとあらゆる場面が、

祓いの場となり、
鎮魂の場となり、
【空】を掴む場となり得ます。

それはある意味、
作法や形式に囚われない、
日常生活の中で実践できる
祓い、鎮魂の応用と言えます。

そして【空】から放たれる
本心本音の言霊が

その意氣『息』使いとともに
軽やかに現実を創造し
脈々と後世へと受け継がれていきます。

人は、同じ『呼吸』を
繰り返すことが出来ません。

『呼吸』の一回一回が、
人生で最初で最後の連続です。

今の『呼吸』を感じることは
【中今】の中にある
すべての幸せを感じられること。

日々、呼吸をリセットすることは
過去や未来から解き放たれた
【中今】に繋がり

ストレスゼロ、疲れ知らず、健康、延命長寿へと、、

あなたの人生が益々最適なものへと
展開されていく
きっかけとなるでしょう。

この記事を書いた人

村澤博志
HumanBeatBoxer(ヒューマンビートボクサー)

富山を代表するヒューマンビートボクサーであり、
北陸唯一のビートボックス・インストラクターとして活動している。

富山県、石川県の保育園、小・中・高等学校などで、外部講師としてビートボックスの授業を行っている。また、福祉施設や様々なイベントでワークショップを開催し、ビートボックスの魅力を幅広く伝えている。

幼少期から霊障(霊の憑依による体調不良)を体験しながら育ち、数奇な運命に導かれる。
ミュージシャン / インストラクターとしても順調だったころ、仮想通貨詐欺で多額の借金を背負い、自己破産を決断。

自殺が頭をよぎり人生のどん底を味わうが、datumグループが提供する和の叡智の実践講座『エンペラーコード』と出会い、人生の逆転を体験する。

過去に学んだ易経やカバラなどのすべての教えの元は日本の叡智にあることを知り、祓い・鎮魂を実践する中で、言霊の力を確信。

現在は、自らの人生を変えた和の叡智を日本と世界の人々まで届けるべく、datum houseのライターとしても活躍する。

HubSpot Video

関連記事のご紹介

会員サイトMaforama(まほらま)では、
今回の記事のキーワードとなっている「中今」を
もっと詳しく知ることのできる記事を多数掲載しています!

会員登録は無料です。ぜひご確認ください。

Maforama(まほらま)に登録をする

中今を理解するための「時間のある世界・ない世界」

五次元につながる!完全なる質量ゼロの世界〜中今とは?〜

「中今(なかいま)」今、この瞬間を大切に生きることが幸せに繋がる

関連記事

    Ranking月間人気記事ランキング

    ELEMENTライン