「メタバース」で意識を拡張するための、古神道とロゴストロンの使い方

拡張

こんにちは。
Element編集部です。

前回の記事では、
メタバースが導く未来像を
neten研究員の内海さんにお話しいただきました。

その後編となる今回の記事では、
メタ認識次元の叡智を掴み、
科学と悟りの知恵を融合し

人間開発と社会変革に
長年取り組んでいる
内海さんだから見通せる

メタバースが
人間の意識に影響を与える
可能性とリスク

そして、
いま私たちがするべきこと
をお伝えします。

情報空間の広がりとともに、
認知機能が拡張する未来には
大きな可能性とリスクが共存しています。

この避けられない
変化の波に飲まれるのか?

それとも、
波を乗りこなし
自由自在な人生を楽しむのか?

そんな人生の分岐点になる
大きな変革への向き合い方を公開します!

ぜひ最後までお読みください。

 

お話をしてくれた人

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員
天籟株式会社 取締役副社長兼CLO(Chief Learning Officer)

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。

北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

著書:新刊『ビヨンド・ティール』『経営者のための悟りリテラシー講座』『タオ・リズム』『タナトスの寂滅』ほか

メタバースによる経済大陸の出現

Blue global technology background with the planet Earth map

メタバースの可能性は、
まず何と言っても

デジタル空間上での、
新しく広大な経済大陸の出現
ということでしょう。

なにしろNFTの登場により、
「デジタル・リアル」上のデジタル資産が
そのまま「アナログ・リアル」の
実際の資産になります。

簡単なイメージとしては、
ゲーム上で獲得したアイテムが
現実のお金に換金できるようなことです。

そうなると、
ゲームそのものが仕事になりますし、

デジタルアートをはじめ、
デジタル上の創作物が実際の商品となり、
お金となり、ビジネスになっていきます。

もっとも、法律の未整備をはじめ
暗号資産(仮想通貨)の出始めの時のように

金銭欲を刺激する
様々な詐欺的な儲け話が
出てくる懸念はありますので、
注意しておきましょう。

認知機能が拡張する未来

また単純に、
アバターをフル活用して

遠隔会議やワークショップなどを
開催することは

アナログでの
面と向かった会議では言いづらく、
出てこないようなアイディアや意見が
創発される可能性があると思います。

特に、VRの性能が上がって
ゆくゆくはメガネ型のように
ごく手軽な装着感のものが出てくれば

VRの没入感がごく自然な感覚になり、
「メタバース」にログインして

交流するスタイルも、
爆発的に広がるかもしれません。

それは教育やエンターテイメントはじめ
認知機能の拡張の活用に紐づく

多種多様なサービスとなって、
社会に浸透していくでしょう。

場合によっては、「メタバース」上での
アバター的な人格やアイデンティティの方が

自己肯定感や充足感
感じやすくなってくるかもしれません。

メタバースで立ち現れる「本質的な問い」とは?

Background conceptual image with business sketches on chalkboard

さて、そうなると、
避けて通れない本質的な議論として

「自分とは何なのか?人生とは何なのか?」

といったことが、必ず出てくると思います。

ある意味で、
「アナログ・リアル」の人生の場よりも

「デジタル・リアル」上の
もう一人の自分の方がストレスも少なく、
自分らしさを発揮でき魅力的であるならば

「デジタルアバター」としての自分
出会ったり、交流したり、活躍したりすることの方が、

現実の身体の自分と自分の人生よりも、
楽しくなる可能性があります。

そのように、メタバース中毒、あるいは
メタバース人格への現実逃避のようなことは

事例として少しずつ
現れてくるのではないかと思います。

また「デジタル・リアル」空間への没入が
身体感覚の鈍化や、五感の感性の劣化
もたらす可能性もあるでしょうし、

さらに、データムグループの
「情報場」という視点でいうならば、

膨大な量のデジタルデータを
脳神経にインプットし続けることで

そのデジタルデータに載った情報
果たして心身にどのような作用をもたらすか、
という懸念もあります。

現実感覚の混乱
アイデンティティの混乱
現実感や身体性の遊離

といったことも
問題になってくるかもしれません。

果ては、
人間にとっての幸福とは何なのか、

もしデジタル空間上で
大いに幸福感が感じられるなら、

いっそデジタルアバターとしての自己が
主人格でもいいのではないか、

といったような、
今現在からすれば突飛すぎるテーマが
出てくる可能性も否定できないでしょう。

メタバースの情報場で意識を進化させる方法

hand drawing graph chart and business strategy as concept

しかし、
この種のテクノロジーが明確に
世に出た場合、

それらが後退することは
まずありえません。

逆に、加速する
デジタル・テクノロジーの波の中で
それをいかに活かしていけるか、

という視点で捉え、
準備する必要があります。

現状、まずはっきりと
心がけておけることは

白川の学びにある
「体・情・魂・霊・神」という五つの階層を

深くしっかりと自分の中に鎮めて、
安定させておく習慣づけでしょう。

それがないと、
五感を激しく刺激し惑わせていく

「デジタル・リアル」の世界に
意識が引っ張られ、白川神道でいう

「五魂の遊離*」の常態化

ということになりかねません。

※五魂の遊離を防ぐ日本古来の「鎮魂法」については、
こちらの記事をご確認ください。

逆に、五魂と自己アイデンティティが
しっかり静まって安定していれば、

「メタバース」上の多彩な情報場から
新たに直知して、現実にも活かせる
叡智が湧いてくるのではと思います。

また、膨大なデジタルデータと
それに載った情報を逆手にとって

意識進化につなげるという点で言えば、
それは世界で唯一無二の
ロゴストロン・テクノロジーの十八番です。

シンプルにまとめるならば、
アナログでの白川神道の深い叡智
データムグループ独自のテクノロジーとデバイスが、

その役割と効力を
大いに発揮するステージが開かれる、
ということになります。

来るべきメタバース時代に
これらを最大限活用して、

アナログとデジタルが融合する
理想的なモデルを世界に示すことができるように、

2022年、ぜひこういった視点を参考に、
時代の動向を楽しんでみて頂ければと思います。

 


 

datumグループが毎日発信している
和の叡智を伝えるTwitter『はふりこと』

2022年の初頭に、
こんなつぶやきがありました。

デジタルは、
基本的にはバラバラで、
分裂に陥りやすい。

デジタル情報に偏りがちな現代だからこそ
アナログとデジタルを統合する視点
これから大事になるといえますね。

そうした視点を持つ上で、

datumグループが提供している

日本古来の
和の叡智が集まる白川神道の学び

そして、世界で唯一無二の
意識プログラミング・テクノロジー「ロゴストロン」を
無料で体験できるEasy LOGOS

この2つは、
メタバース時代を生きるうえで必須となってきます。

ぜひ無料会員サイトmaforamaでご確認ください。

Maforama(まほらま)に登録をする

関連記事

    Ranking月間人気記事ランキング

    ELEMENTライン