ロゴストロン最新機種「Holo(ホロ)」 | 現実創造に必要なテクノロジーをすべて内包したロゴストロン

Holo

こんにちは、
ELEMENT編集部です。

 

今回は、8月8日に新発売となった
最新のロゴストロンである「Holo(ホロ)」をご紹介します。

 

ロゴストロンは「意識進化の高速学習装置」であり、
自らの“意志”を文章にしたものを
ロゴストロン信号としてデジタル変換し、
ゼロ磁場コイルを通して発信する機械です。

 

そして、
このロゴストロン技術のコアとなる
『ロゴストロン信号の生成と発信』

誰でも無料でご利用いただけるのが
会員サイトmaforama(まほらま)で提供している
EasyLOGOS(イージーロゴス)です。

 

「スマホからいつでも発信!」

 

を実現したEasyLOGOSですが
HoloはEasyLOGOSの1600倍であり、
ロゴストロン発信機史上最速の12,800文字/毎秒という
圧倒的な発信スピードを誇るのが大きな特徴です。

さらに、
発信内容を自由に入れ替えて
ゼロ磁場コイルから
いつでもどこでも発信できるポータブル性。

発信の体感が深まる
「意識のアーシング」を実現するチタンリング。



といった

これまで別々のロゴストロン発信機がもっていた機能を
一つの装置としてまとめ上げたのが
最新のロゴストロンHoloになっています。

 

ということで、今回の記事では
Holoの魅力をしっかりお伝えしていきます!

ぜひ最後までお読みください。

現実創造に必要なテクノロジーを1つに。

cut1_0303f

パーソナルユースとしては、
最高スペックとなるロゴストロン Holo(ホロ)は、
現実創造に必要な「祓い」「鎮魂」「言霊」のテクノロジーを
すべて内包した唯一のロゴストロンです。


ここからは、
圧倒的な発信スピード、意識のアーシング、
ゼロ磁場コイルからの即時発信、

そして強力な構文ファイルの発信管理といった
最新のロゴストロンHoloの特徴の数々をご紹介します。

すみやかな「祓い」を実現する1600倍速

一秒間に、【12,800文字】。

Holoによる発信スピードは、EasyLOGOS(一秒間に約8文字)の1600倍。

この圧倒的な発信スピードは、
人の「現実の創造を阻害するもの」を打ち破り、
意識進化を加速させる強力なエンジンとなります。



なぜなら発信スピードを高めることは、
伝達される情報量を飛躍的に増加させ
 “祓われた状態” を速やかに実現するのに役立つからです。

cut1_0078f

また、EasyLOGOSでは、
最大500文字の構文を1つしか発信できませんが

Holoでは、1ファイル2万文字までの構文をいくつでも
作成することができるようになりました。(Holoに入れられる構文数は500個まで)


このように高速で大量の情報を常時発信し続けることは
「意志を自由自在にデザインする」ための確かな土台となるのです。

チタンと電子と意識のアーシング

Holoの筐体には、円周部にチタンリングが採用されています。

cut1_0338f

チタンには、

  • 高い生体親和性
  • 光触媒効果による浄化作用
  • 光電効果による電子の放出

など、
ロゴストロン発信機の性能を高める様々な物性があります。


そして、このような物性を有するチタンと
Holo内部のロゴストロン信号発振基板を「電気的に接続する」ことで

電気的なアースと共に、意識をロゴストロン装置と繋ぐ、
「意識のアーシング」という概念を技術的に実装することに成功しました。


この意識のアーシングを初めて実装した
ロゴストロンNigiにおいては、人の計算能力を高めたり、
自律神経に良好な影響を与えることが実験により確かめられています。

 

リンク1

ゼロ磁場コイルからの即時発信

書籍「あなたの人生に奇跡をもたらす 和の成功法則」(サンマーク出版)で公開しているように

白川伯王家伝承の「祓い」によって
ゼロ(空)の状態から言葉を発すると言霊が発動します。


ただし「ゼロ」といっても、「何も無い」という意味ではありません。
プラスとマイナスが統合された「ゼロ」に力の秘密があります。

cut7_0833f

自然界には、「ゼロ磁場」と呼ばれる場所が存在します。


ゼロ磁場とは+と-の逆方向の磁場の力が働き、その力が打ち消され、
磁力が0に近い値となることで、エネルギーが高まっている場のことを言います。


例えば長野県にある分杭峠などのゼロ磁場は、
生命を育むエネルギー場といわれ「パワースポット」として有名です。


ロゴストロンHoloは、
このゼロ磁場を電磁気の力で人工的に発生させる
ゼロ磁場コイルを搭載しています。


EasyLOGOSの場合も、
別途CoiCoiCoil(コイコイコイル)というゼロ磁場コイルを用意することで
その発信能力を高めることはできますが、

Holoのために新たに開発されたゼロ磁場コイルは、
より多くのゼロポイントができるように工夫されており
ゼロ(空)の状態からの言霊発動をより効果的に促します。

専用アプリによる構文作成と発信管理

cut1_0358f

ロゴストロンHoloは、『Holo Connect(ホロ・コネクト)』というスマホアプリから構文を選択したり、オリジナルの構文を作成して、すぐに発信することができるようになりました。


具体的な使い方については、こちらの動画をご確認ください。

 

 

 

「Mシステム」の使い方動画

最新のロゴストロンであるHoloの特徴は、インターネットを介して発信する構文を自由に入れ替えることができることです。

その要となるのが「Mシステム」

こちらの動画では、Mシステムについて初心者の方にも分かりやすく解説しながら、ロゴストロンHoloとともにある日々をイメージとして先取りいただけます。



いかがでしたか?


最新のロゴストロン「Holo」は、
datumグループの公式オンラインショップ「netenストア」からお買い求めいただけます。


ぜひ詳細をnetenストア内のHolo特設サイトにてご確認ください。

https://store.neten.jp/pages/holo


*『neten store』でのお買い物やメールマガジンのお受け取りには、netenストアへの会員登録(無料)が必要となります。

会員登録の詳しいやり方はこちらをご確認ください。

関連記事

    Ranking月間人気記事ランキング

    ELEMENTライン