支配システム「マトリックス」から抜けるには? | マトリックス4が100倍楽しくなる!映画MATRIX1のあらすじと深読み解説

電子ネットワーク

こんにちは。
Element編集部です。

1999年に公開された映画「マトリックス」

今年12月に第4作目となる最新作
「マトリックス レザレクションズ」が公開されるなど

20年以上にも渡り、
世界中の人に愛され、支持されています。

その理由は、
人の「意識」というとても身近なのに、
科学的にははっきりと解明されていない

未知の存在を紐解くヒント
詰まっているからかもしれません。

datum house編集部では、
世界の真相と人間の意識を探求する
内海さんの

「“マトリックス解説” がスゴい!」

という噂を聞きつけ、

映画マトリックスから読み解く
「意識の本質」の掴み方を教えていただきました。

ぜひ最後までお読みください。

 

お話をしてくれた人

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。

北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

著書:新刊『タオ・リズム』
『経営者のための悟りリテラシー講座』『タナトスの寂滅』ほか

支配システム「マトリックス」とは?

Using modern technologies

マトリックス3部作は、私の大好きな映画です。

解釈の角度と深さによって
たいへん気づきやメッセージ性の高いものなので、
データム・ハウスに関連するようなところで、
いくつか考えてみたいと思います。

まず今回は、
1999年の第1作目「マトリックス」から。

とても22年前の映画とは思えない
クオリティと先見性に溢れています。

まずあらすじと
物語の基本設定を確認しておきますと、

AIと人類の対立の果てに
人類がAIに支配されている

という未来が舞台です。

 AIは人間の生体エネルギーを
電池のように動力源としながら人類を栽培し

そこでは人間の意識は
脳に差し込まれたプラグによって、
電脳空間につながれています。

AIが電脳空間に作った
支配システムが「マトリックス」で、

意識空間を
電気的に完全にハックされた人類

自分たちの肉体が
支配されていることにも気づかないまま
ただ機械のエネルギー源とされている、

という、まさしく
デジタル・ディストピアな世界です。

しかし、
キアヌ・リーブス演じる主人公は

その支配システムの中で、
ずっと妙な違和感を感じ続けていました。

まるで「現実としか思えない夢」をみているように、
自分が認識している現実の外に
何か隠された真実の世界があるような気がしている。

そこで、あの印象的な
「青と赤のピル」のシーンになり

真実の世界への目覚めにつながる
「赤のピル」を飲んだ主人公は、

「マトリックス」という
支配システムの実態を知ることになります。

支配システムの外にある「真実」とは?

Computer keyboard and multiple social media images

第1作目はストーリー的にもわかりやすく、
埋め込まれたメッセージ性を拾い上げてみると
次のようなものが解釈として引き出せるかと思います。

まずは映画の基本設定そのままに、
人間は知らず知らず
自分の身の回りの至る所にある支配システム、
「マトリックス」の中に、統制されているということ。

そして、ただ
脳の電気信号が映し出しているに過ぎない
「現実」と呼ばれる世界を、
まるで絶対的な実在のように思い込んでいること。

しかし、その現実世界という
マトリックスの外には

支配システムの外に出た人のみが知りうる
「真実」がある、ということ。

このあたりは仏教的なモチーフで観れば、
この現象界は夢であり実在ではなく

だからこそ
五感世界からの「目覚め」が必要である、

というテーマにそのままつながります。

もっとも、
「マトリックス」の最大のモチーフは
キリスト教ですから、

ここを見落とすと作品全体の輪郭が
完全にぼやけてしまいます。

意識空間からの目覚め

Image of colorful balloons flying in sky

主人公のNeoは
イコール“The One(救世主という意味)

となっている通り、
メシアが人類を救済するというストーリーが中心軸です。

ただその中に、ITや仏教はじめ
様々な哲学や意識科学、
物理科学の要素も含まれていて、

深く解釈をしだすと、
どこまでも面白い話に展開していきます。

印象深いところでは、
預言者のいる場所でアジア風の容貌の子供が
目の前でスプーンを曲げながら

 「スプーンなんてないよ。自分のことなんだ。」

と言うシーンがありますが

この辺は、1作目「マトリックス」の
象徴的な世界観が現れています。

私たちが日常目にしているこの現実は
脳が映し出す「現実としか思えない夢」の世界であって

脳が電気的に支配された
意識空間から目覚めてみれば、

主客二元の存在世界はなく
全ては自分の意識、
心の広がりの世界であることに目覚める

その時、Neoは「救世主」へと覚醒し、
大いなる力を発揮するようになるのです。

これだけ観ればシンプルな作品なのですが、
2作目以降で少々入り組んだものになりますので、
今回はこのあたりにて…。

 


いかがでしたか?

AIに意識をハックされた世界
幸せに生きる人類。

支配システム「マトリックス」とは、
私たちが知らず知らずに囚われている

固定観念思い込みといった
「意識空間」という
身近な存在として考えると

この映画には意識を広げるヒントが
たくさんあるのかもしれません。

映画マトリックスの第4作目となる最新作
「マトリックス レザレクションズ」は
2021年12月に公開予定だそうです。

22年前にマトリックスを映画館で見た人も、
まだ見たことがない人も

これを機会に過去作を見直してみると
新たな意識の気づきを得られるかもしれませんね。

次回は、マトリックスの2作目となる
「マトリックス リローデッド」について
内海さんから見どころを解説していただきます!

ぜひお楽しみに。 

 

P.S.

リザレクション(復活)と言えば、
私たちデータム・グループでも「復活」をテーマにした
無料オンラインセミナーを開催中です!

ぜひご確認ください。

The Phoenix

関連記事

    Ranking月間人気記事ランキング

    ELEMENTライン